その他


工場緑地率の規制について

2022/05/21
朝日新聞 2022年5月21日
兵庫県が明石市長の申し立てを棄却 工場緑地率の規制めぐり
https://www.asahi.com/articles/ASQ5N7G7WQ5NPIHB00B.html

神戸新聞 2022/5/21
明石市長が「緑地緩和条例」公布 最高裁まで争う方針転換「政治を裁判に持ち込むことは慎重であるべき」
https://www.kobe-np.co.jp/news/akashi/202205/0015317791.shtml

神戸新聞 2022/5/20
明石・泉市長の申し立て、兵庫県が棄却 工場緑地面積率引き下げ、条例制定の議決は適正 
https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/202205/0015317131.shtml

泉市長より;
「工場緑地のニュース」に関して補足説明。 争点は2つ。 ①条例の手続として『市民の声』を聞く必要があるか否か、 ②条例の内容として、経済のみならず、 『環境』や『地域社会』への配慮も必要か否か。 明石市長としては、いずれも必要とのスタンスだが、
今回の「兵庫県」の判断は、いずれも“不要”とのスタンス。 その理由は、 ①『市民参画』を義務づける「明文規定」はなく、 ②『SDGs』に「法規範性」はないというもの。 『県民の声』を聞き『SDGs』も推進しているはずの 「兵庫県」ならと、“淡い期待”を抱いていたのだが・・・
明石市長としては納得していないが、 第三者である「兵庫県」の判断に従うことにした。 法律上は提訴して最高裁まで争うこともできるが、 裁判だと何年もかかってしまう。 一旦、条例を交付したうえで、 『環境』や『地域社会』への配慮を盛り込む方向で、 今後、条例改正を検討していくことにしたい。

このページの上へ