その他


感染者とその家族に対する差別の禁止や支援を定める新型コロナ条例案について会見

2021/02/17
感染者とその家族に対する差別の禁止や支援を定める新型コロナ条例案について会見。
市は条文中に、感染症法に定める罰則規定にかかわらず、「市民の事情」に配慮し、「寄り添いながら支援」するとの文言を盛り込んだ。
神戸新聞
https://www.kobe-np.co.jp/.../sougou/202102/0014086850.shtml
泉市長は「感染者に罰則を科すと差別を助長するだけでなく、恐れた感染者が申し出られなくなり、かえってまん延につながる」と強調。「むしろ入院できない事情に耳を傾け、その原因を取り除く支援をするのが行政の役割」と訴えた。
毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20210217/k00/00m/040/176000c

NHKのニュースでもとりあげられました
兵庫県明石市の泉市長は、感染症法の改正で、新型コロナウイルスに感染して入院を拒否した人などに対して罰則が盛り込まれたことを批判し、明石市では適用しないと明言しました。
・・・
来年度に施行する方針の感染者への差別を禁止する市の条例に、感染者とその家族の事情に寄り添って入院支援を行うなどとする内容を盛り込む。
泉市長は「入院に消極的な人には、幼い子どもの面倒を見ないといけないなどの事情があることも考えられ、罰則があることでかえって感染拡大を招くおそれもある。今すべきことは『罰則』ではなく『支援』だ」と述べました。

このページの上へ