子育て政策


サタデーステーションにて明石市の子育て支援がとりあげられました

2022/08/27
兵庫・明石市の人口は9年連続増加 →合計特殊出生率も1.62 (全国 1.33)
▼キーワードは #5つの無料化
・遊び場の利用 ・満1歳までおむつなどを毎月無料配送 ・第2子以降の保育料 ・中学校の給食費 ・高校3年生までの医療費

テレ朝ニュース2022/08/27
“おむつ毎月無料配送”育児に奮闘中の男性アナが見た「子育てに寄り添う街」
神戸市の隣に位置する、兵庫県明石市。日本全国で少子化が進む中、なんと9年連続で人口が増加。出生率も全国平均を大きく上回っています。背景に何があるのか。その秘密を、2児の父でもある板倉アナが取材しました。
https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000266404.html

市長twitterより
「こども」を本気で応援した結果、明石市は「人口増」のみならず、地域経済の活性化で「税収増」。その財源で「こども施策」のみならず「高齢者施策」の充実化もできている。
明石市の「5つの無料化」に必要な予算は、全体の”2%弱“。世帯年収600万円の家庭で考えると年12万円、子どもの習い事の”月謝1万円“程度の話。どこの家庭でもやっていることを、自治体としてやれば、全国どこでも実現可能。その効果は、この動画(6分10秒)でご確認ください。

このページの上へ