プロフィール


明石生まれ、明石育ち
弁護士・社会福祉士・手話検定2級・柔道三段
現明石市長・元衆議院議員・東京大学教育学部卒

※写真をクリックしていただくと説明と共に写真を順にみていただけます。

昭和38年8月19日、二見の漁師の長男として誕生。

障害のある家族がいたこともあり、幼いころから福祉に目覚める。
* *

明石の公立学校(二見小、二見中、明石西高)で少年時代を過ごす。

野球、サッカー、柔道(三段)、ラグビー、生徒会に明け暮れる。
* *

猛勉強の末、東京大学に現役合格。

生徒会長の任期を終えた高3の5月、職員室で東大受験宣言。
仕送りを受けず、授業料免除と奨学金とバイトで生活。
東大在学中は、駒場寮の寮長を務めていた。
*

NHK入局。 ディレクターとして番組制作に励む。

その後、民放に移籍し、「朝まで生テレビ」なども担当。
*

恩師の勧めもあり、弁護士になることを決意。

橋下徹氏(現大阪府知事)は、弁護士同期のラグビー仲間。
平成9年〜現在 弁護士

平成12年、明石にて「いずみ法律事務所」を開設。

庶民派弁護士として活動
* *

平成15年〜平成17年、衆議院議員として活動。

犯罪被害者基本法や振り込め詐欺防止法などの議員立法を担当。
衆議院議員時代の活動についてはこちらをご覧ください
* *

明石で弁護士業務を再開。平成19年〜現在、社会福祉士。

庶民派弁護士として活動。
社会福祉士の資格も取得し、現在手話検定2級。
* *

平成23年〜現在、明石市長。

市民目線の改革実行中!
現在の政策はこちらをご覧ください。
1期目の実績はこちらをご覧ください。

* * * * * * * * * *

[家  族] 妻、娘、息子
[好  物] あかし玉子焼、味付のり、くぎ煮
[プチ自慢] 明石・タコ検定の初代達人

このページの上へ